スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラダンスって?

ハワイの伝統的なダンス。ハワイアンダンス。

フラとはハワイ語で“踊り”の意味であるため、本来“フラダンス”という言い方はせず、ただ“フラ”と呼びます。

フラの種類としては、アウアナ(現代フラ)とカヒコ(古代フラ)があり、アウアナはウクレレなどによるハワイアンソングで踊ることが多く、カヒコはイプヘケと呼ばれるひょうたんのような楽器に合わせたチャント(歌)で踊ることが多いです。

どちらも多くはハワイ語による歌でです。

一般的に中腰で腰を振るステップで、上体の動き(モーション)は歌詞の意味を表します。

フラは女性の踊りというイメージがありますが、男性の踊りもあります。

と言うか、フラはもともと男性にしか許されておらず、厳粛な場においては男性の踊りだったそうです。

そのようなこともあり、日本人男性がフラを習い、踊り始めるケースも最近ではずいぶん増えてきているようです。

又、古代のハワイは文字を持たなかったため、チャント(歌)やフラ(踊り)で物事を伝えたともいわれています。

フラの大会では、ハワイ島ヒロで行われる“メリー・モナークフェスティバル”が最も有名です。

フラにとって最も必要なのは表現力です。自分の伝えたい気持ちを心から表現したいと思うときに、その表現力が完璧になります。

そして自分の気持ちを他人分かち合いたいと強く思う心が本来のフラの心をとりもどし、素晴らしいフラダンスの踊りにつながるといいます。

スポンサーサイト

フラダンスの基本ステップ

フラダンスの基本は、花・雨・太陽・風・愛などその一つ一つに意味のある手の動きと足のステップを組み合わせて、歌や曲に合わせて踊ります。
フラのステップは、ハンドモーションに比べてそれほど多くありません。
6つの基本ステップを覚えておけば初歩的な曲には対応できます。
フラの練習は、ステップ→ハンドモーション→手足を組み合わせるという順番で進んでいきます。
但し、本場ハワイではステップだけで数ヶ月も練習を続けるほどフラにおいて大切なものです。


フラダンスの6つの基本ステップ

■準備の姿勢
背筋をぴんとまっすぐに伸ばし、両手を腰に当て両足は肩幅に開き、膝を軽く曲げます。(腰を真下に下ろすようなイメージ)このとき、おしりを突き出してしまったり前につんのめったりしないように注意します。

■カホロ( kaholo)
身体を上下動させずに、すり足で右へ4歩、左へ4歩、歩くステップです。足を移動してから体重移動します。移動するとき腰は8の字を描くようにします。

■ヘラ (hela)
腰を横に上げながら片足を斜め前に出すステップです。簡単そうですが体重移動が意外と難しい動きです。前に出したときの足はつま先だけが地面に触れるようにします。

■カオ( kao)
重心を移動しながら腰を8の字に描きます。きれいな8の字を描くには、かかとを上げるときの体重移動がポイントです。かかとの裏から指先でしっかりと地面を踏みこむようにして、かかとを上げていきます。身体が上下動しやすいので、その点を注意します。

■ウエヘ( 'uwahe)
爪先で身体を支えるためフラフラしがちですが、安定してつま先立ちできる感覚が必要です。腰を左に振り、右のかかとを少し上げます。右足をしっかり地面につけ、両足に体重をかけて重心を真ん中に戻します。両足のかかとを同時に上げ、両膝を45度前に出して開きます。そして上げたかかとを戻します。

■アミ( 'ami)
重心移動による腰とヒップの回転を使い、自分を中心に左右それぞれに半円を描くステップです。

■レレウエヘ( lele'uwehe)
ウエヘとヘラを組み合わせたステップです。足を動かすだけでなく腰とヒップの動きがついてくるように注意します。膝を曲げずに自然な状態で立ち、右足を肩幅くらい1歩右に踏み出します。左足を元に戻し、両足のかかとを素早く上げて、すぐに下ろしウエヘのポーズをとります。重心を左足から気持ち伸び上がるような感じで右足に移動します。左足を斜め45度に出し、ヘラのポーズをとります。

フラダンスの衣装

フラダンスでは、踊るときに着る特徴のある衣装があります。ここではそのフラダンスの衣装の中で、「バウスカート」と「レイ」をピックアップしてみました。

■フラダンス バウスカート
フラを踊る際、基本的に「パウ」(ハワイ語でスカートの意味)と呼ばれるフラ専門のスカートをはきます。
バウスカートとは、ウエスト部分に数本のゴムが入ったボリュームたっぷりのギャザースカートです。ゴムの部分を腰骨に合わせてはきます。スカートの丈は身長に合わせますが70~75cmと、やや長めが多いようです。
フラダンスでは腰の動きというのはとても大切な要素の1つですが、ギャザーがたっぷり入ったパウをはくことで、フラの独特で美しい腰の動きが強調されます。
バウスカートの色もとてもカラフルで、柄もトロピカルな花柄模様からリーフ柄、伝統的な柄までさまざまなものがあります。

■フラダンス レイ
フラダンスを踊る際、欠かせないアイテムのひとつにレイがあります。レイは、花や葉、木の実、貝、鳥の羽など自然界にあるものを使って作られています。レイはフラを踊る時に頭や首、手首、足首につけます。
レイは、見た目の美しさはもちろんなのですが、単なる装飾品としてつけられたのではなかったようです。
頭につけるレイは覚えたフラを忘れないように、手足・足首につけるレイは振りを間違えないように、首につけるレイは悪い気が体にはいらないようにという意味が込められています。

すぐに踊れるフラダンス

すぐに踊れるフラダンス―レッスンCDつきすぐに踊れるフラダンス―レッスンCDつき
マリアニーノ
成美堂出版 刊
発売日 2004-07



フラダンスの基本の動き(ハンドモーション・ステップ)から実際のダンスの動作まで、すべてカラー写真で説明しています。カラー写真だから細かい動きまでよくわかります。フラダンスにはかかせない、フラドレスとレイについても写真でわかりやすく解説しています。また、ダンスにぴったりのフラドレスとレイも紹介しています。付属のCDには、はじめてフラダンスを踊る人からすでにフラダンスに親しんでいる人まで楽しめる、人気のハワイアンソングを収載しました。演奏のみのバージョンと先生の指導の声も一緒に入ったバージョンがありますので、好きなものを選んで練習しましょう。

フラダンスの基本の動き(ハンドモーション・ステップ)から実際のダンスの動作まで、カラーの連続写真で解説。付属CDには人気のハワイアンソングを収録。先生の指導の声が入った曲もあり、初心者から上級者まで楽しめる。


さらに詳しい情報はコチラ≫


フラダンスのはじめ

フラダンスのはじめフラダンスのはじめ
伊藤 彩子
WAVE出版 刊
発売日 2004-06



明るい気持ちになる習い事NO.1!
太っていても、何歳でも、リズム感や運動神経がなくても大丈夫。ハマる人続出!! 基本のハンドモーションとステップ、フラとハワイの歴史、レッスン内容ほか詳しいデータがついた全国教室ガイド掲載!
未経験者、初心者のためのお役立ち本!
心も身体も元気になって、明るいパワーがわいてくる!
「何歳からでも大丈夫?」「お金はどれくらいかかるの?」「太っていても平気?」など、お稽古をはじめるにあたってまず気になるポイントを詳しく紹介。ほかにも、歴史、楽器、音楽、ファッションなど、フラの奥深い魅力をたっぷりつめこんだ一冊。なかでも、レッスン料・開講日など詳しいデータがついた、ハラウリストはかなり役立ちます。 踊るだけで、心身ともに元気になるフラダンス、あなたも始めてみませんか?

うきうき☆
これからフラを習うぞー!という私のために書かれた本です(笑)
写真もキレイ、文章も分かりやすい。
自然にフラの魅力に浸れる本だと思います。
だんだん、「早く躍ってみたいなぁ」ってウキウキしてきます。
フラに興味はあっても、最初の一歩が出ない。。という方にもオススメ!
まずは、気負わず一歩踏み出してみようよ。と優しく言われてる感じです。
教室の選び方から載っているので、まさにフラダンスの「はじめ」ですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


«  | HOME |  »

カテゴリー

関連グッズ

コスチュームはこちら!


リンク

フラダンス総合情報サイト

社交ダンス増田大介プロを目指そう!

フラメンコ情報館

気になる商品情報館

ピックアップなび
海外移住口コミ情報

応援お願いします!

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。